• 鈴苗整骨院

腰痛・膝痛は太ももの裏(ハムストリング)が上手く使えないから!

最終更新: 2019年2月28日


動画はたけしの家庭の医学からです。太ももの前が固くなると腰痛になるという内容です。

太ももの前が固くなると膝がグラグラし膝痛にもなります。

固くなるとは血行が悪くなり使える筋肉量が減り弱くなると言う事です。


太ももの前を柔らかくするには、太ももの裏のハムストリング筋を上手く使う事です。

筋肉は表か裏の片方が縮めば片方が緩む(伸びるのではない)ようになっています。

太ももの前をストレッチするのもいいですが、太ももの裏を縮める方が効果的です。

お尻、太ももの裏を触ってタプタプしている方、要注意です。

太ももの裏が縮めば連動してお尻の筋肉が縮み股関節を骨盤の正しい位置に収めてくれます。姿勢が安定し、ヒップアップにもなります。









改善法


便座に座る時にできる限りゆっくりと

座ったり、立ったりしてみて下さい。

この時顔が下を向かない、

膝が前に出ない事が重要です。

体重が足裏から股関節→骨盤へと伝わり(膝に重みが感じない方がいい)

体幹と下半身は安定して動き腰痛・

膝痛が軽減するはずです。


動画の中で先生も話していますが

何歳からでも筋肉は付きます。

しかしやり方次第です。







脇腹に力を入れる為、手は太ももに付いて下へ押して下さい。

みぞおちを前に出し膨らます感じです。

そうすると脇腹に力が勝手に入ります。


腰・膝が痛むのは背中が丸くなったり、膝が前に出たりして骨がズレながら動いています。

前回投稿した骨がポキポキなる状態になっています。

310回の閲覧
  • Instagramの社会のアイコン鈴苗整骨院|三重県伊勢市岩渕|整骨院|
  • Facebook鈴苗整骨院|三重県伊勢市|整骨院|肩こり|腰痛|交通事故