• 鈴苗整骨院

スクワットをすると膝が痛いという方に

動画は専門的で解りづらいのですが参考にしていただければと思います。

膝を曲げていくと膝の下の骨、 脛骨と腓骨は後方(背中側)に移動しながら動きます。 この動作は太ももの裏にあるハムストリングが膝下の骨を後方へ(背中側)に

引っ張るからです。スクワット動作で膝に体重を乗せ過ぎるとハムストリングより

大腿四頭筋が優位に働きながら膝を曲げてしまい膝下の骨は前方(腹側)に引っ張られ 本来動いてはいけない方向に動かされてしまいます。 間違った関節の動きとなり痛みを感じる事になります。

スクワットをする時は足の指より膝が前に出ない様に腰を下ろし お尻と膝裏が縮む様な感じになるといいと思います。 上手く出来るとお尻は後方に出て顔は正面を向き、横腹が縮みます。

スクワットはハムスリングと体幹のトレーニングです。

腰が張る、太ももの前が張るのは失敗です。

鍛えられるといろんな動作の時に上体のブレが少なくなります。


79回の閲覧
  • Instagramの社会のアイコン鈴苗整骨院|三重県伊勢市岩渕|整骨院|
  • Facebook鈴苗整骨院|三重県伊勢市|整骨院|肩こり|腰痛|交通事故